騒々しいだ

デパートで見た、凄まじい呼び掛けの男児の母は、その幼子が不愉快のか、幼子が近づいて、「ニンジン、女子―」、「お肉、時にー」というと、5メートルくらい移動してしまう。無言だ。お野菜もお肉店もほど近いので、どうしてもうるさいせいか、母は、レジに行きました。30代の、動く母振りだ。質素だ。
そちらでも、その子供は、「元金支払うの、時にー」と、女子へのはなしかけは立ち寄りません。女子は、相当に不愉快のか、その子供をに声をかけずに、スーパーから出て行ってしまったのです。
見て見ると、はたして男児は、その子供に限らず、育てにくいいだ。うるさいだ。通りが女房がほしい精神が理解できます。