まっ黒すぎにもほどがある???

今日は私の誕生日です。

東京にすんでいる母親から、東京で流行りの黒いカバンを送ってきてくれた。素直に嬉しいけれど、彼女が送ってくるのはいつも黒いブーツ、黒いズボン、黒いコート、黒い帽子です。

訳は母親自身が黒が好きだから。これはおしつけ?と笑いまででてくる。

彼女は自分の送ったものを身に付つけてもらうのが喜びです。

でも想像してくれてるのだろうか?全部身に付けると真っ黒になる娘のことを。もう私は笑うしかない。

あまりにも黒すぎるので意を決して伝えることにしてみてました。

『ありがとう、でも黒色ものはもういいかな。』

案の定母親はスネて音信不通です。

遠く離れた娘への愛情が娘に届かないと、少し悲しい寂しい気持ちにさせてしまったかもしれない。

でも自分の本心を伝えないとさらに真っ黒になるので伝えて良かったと自分にいい聞かせています。

相手と向かい合い本心を伝えていくことの難しさ、または楽しさがあることにも気づく。

昔は本心をずっと我慢していたから、今は本心を伝える難しさもあるけれど楽しみもでてきた。特に両親やパートナーには上手く伝えていくことで信頼関係が築いていけるのかなとも思う。

そんな今日に成長したんだなと感じれるそんな誕生日でした。