DeNAベイスターズ、ヤクルトスワローズに3連戦2勝1敗

わがDeNAベイスターズ、こういう3連戦でヤクルトに2勝1敗と勝ち越しました。
最下位に沈むヤクルト相手に最低限の結果を残すことができたと思いますが、やはりヤクルト打線は手ごわかったと思います。初戦ではバレンティンに満塁ホームランを浴びて久保が沈みました。
一番坂口、3番バレンティン、4番山田と貫く打線は脅威です。ここにきてリベロという選手が5番に入りきのうホームランを打たれました。最下位にはいますが、こういう打線は油断することはできません。今日はナンバーワンの今永での鉄板体系です。きのうはウィーランドが好投を通じて、1勝1敗のタイに持ちこみ、何としても勝たなければなりません。先導はヤクルトに奪われ、仲間投手の星が著しいピッチングを通じてなかなか位置づけることができず、さらに今永が非常時を背負い厳しい伸展でした。でも粘り強い投球を通じて非常時を凌ぎ、宮崎の同点ホームランを呼びました。終盤ヤクルトの守備らのドジで勝ち越し、あとは勢いで6-1と攻略を収めました。阪神が敗れた結果2周辺競争は混戦です。賢人も容態が上がってきているのでこのまま混戦としてそうです。打線は確実に4点はとれる力があります。あとは投手らが踏ん張らないと勝てません。今永、石田、ウィーランドの3当柱は安定してある。現在中継ぎのパットンが容態よさそうです。こちら起点に失点を防いでいけば連敗はそこまでないはずなので、このままトップクラス長続きにかけてほしいです。