冷え症改善の為に意識している事

社会人となってから、自分でも気付かないうちに冷え性となっていました。

夏でも、手足が冷たいだけではなく体温は常に35度台。

真夏の外で、みんなが「暑い…あつい!」と汗をかいている中で、私だけ「え?そんなに暑い?ちょうど良くない?」なんて感じているのですから、かなり重症だと思います。

そんな冷え性を改善するために、日々様々なことを実践中の私ですが、中でも食生活にはかなりこだわっています。

冷え性は、体の中から起こると言われるので、内臓を冷やすような食材は極力避けるようにしているとともに、体を温める効果のある根野菜や、血行を促進する働きのある生姜や唐辛子などを積極的に摂るようにしているんです。

そのおかげなのか、食事を食べてから30分ほどすると、体がポカポカしてきて肌の血色も良くなります。

実際こういった効果を感じ始めてからは、仕事でどんなに疲れて帰ってきても自炊をするようになりました。

自炊生活もかれこれ半年以上経ちますが、スーパーで出来合いのお惣菜を買ってきて食べていた時よりも、手足の冷えがマシになったような気がします。

体温も、わずかですが以前と比べると高くなり、確実に体質が改善されているような気がしてきました。

これからも、食生活の改善を意識し続け、いつか冷えが完全に消えてなくなることを期待したいです。