寄り道する場所が増えてちょっとうれしいお話

家から本屋に向かって歩いていると、いつもの通り道からちょっと外れたところにパン屋ができていました。

いつもの通り道はそれなりに交通量があるのですが、外れてしまうと完全に住宅街です。

こんなところでやっていけるのだろうかと余計な心配をしてしまいましたが、どうやらなかなかに混雑しています。

中に入ってみるとパンの種類は惣菜系が中心です。

小さなパン屋は「粉やバターにこだわって作りました」という職人系が多い印象なので、ちょっと意外です。

アンパンやクリームパン、焼きそばパンといったコンビニにあるようなパンがちょっと高いお値段で並んでいます。

個人的には気泡ががっつり入って塩味強めのバケットなんかが好きなのですが、これもまた美味しそうです。

というわけで、いくつか買ってみました。

お昼に食べたのは焼きそばパンとクリームパン。

焼きそばパンは焼きそば屋が開けそうなぐらい美味しい焼きそばがのっていました。

クリームパンも美味しいクリーム屋、はないにしてもとても美味しいクリームでした。

一緒に買って翌日食べた食パンはトーストしてたっぷりのバターと美味しくいただきました。

でも、買うなら惣菜パンの方だなあ。

パンそのものの生地よりも、組み合わせが美味しくしている気がします。

惣菜パン中心なのはそこらへんが理由なのかなと。

楽しみなお店ができたのは間違いないので、また行ってみたいと思いました。